アジア語楽紀行

今年の4月からNHK教育テレビで「アジア語楽紀行」という語学と観光案内を兼ねたような番組をやっている。毎週火曜・水曜・木曜の夜11時55分から5分間だけの番組だが、気分転換にはもってこいだ。4月は「インドネシア語」(5月はその再放送)、6月は「タイ語」(7月再放送)、8月は「ベトナム語」(9月再放送)であったが、10月からまたそれらを再々放送として繰り返して放送している。昨夜からまたインドネシア語の再(再々々?)放送が始まった。
もう何度も見ているが、この「インドネシア語」は最高である。案内役のユリアティーさんは笑顔の素敵な大学生であるが、同時にバリ島を代表する民族舞踊の踊り手でもある。彼女の所属する舞踊団は世界中で公演しており、日本にも彼女のファンは多い。番組では彼女がインドネシア語の基本表現を教えてくれるが、大学や舞踊団の紹介もあり、またお姉さんと一緒の食事シーンなどもあって、バリ島での様々な生活風景が見られる。
白水社の「エクスプレス・インドネシア語」は何年も前に購入した頃は貴重な音声教材であったが、その朗読の声があまりにも勉学意欲をそぐものであった。今回のユリアティーさんの声は何度聞いても飽きない素晴らしい声である。「Selamat siang.(こんにちわ)」のひと言を聞くだけでも番組を見る価値がある(ま、これは個人的な好みではありますが)。彼女の写真が見られる番組HPはこちら

この記事へのコメント