1月に読んだ小説

1月に通勤電車の中で読んだ小説。

佐伯泰英『居眠り磐音江戸双紙50 竹屋ノ渡』(双葉文庫)
佐伯泰英『居眠り磐音江戸双紙51 旅立ノ朝』(双葉文庫)

平岩弓枝『御宿かわせみ16 八丁堀の湯屋』(文春文庫)
平岩弓枝『御宿かわせみ17 雨月』(文春文庫)
平岩弓枝『御宿かわせみ18 秘曲』(文春文庫)
平岩弓枝『御宿かわせみ19 かくれんぼ』(文春文庫)
平岩弓枝『御宿かわせみ20 お吉の茶碗』(文春文庫)
平岩弓枝『御宿かわせみ21 犬張子の謎』(文春文庫)
平岩弓枝『御宿かわせみ22 清姫おりょう』(文春文庫)
平岩弓枝『御宿かわせみ23 源太郎の初恋』(文春文庫)
平岩弓枝『御宿かわせみ24 春の高瀬舟』(文春文庫)


「居眠り磐音」シリーズもついに51冊で完結した。ここ数年は毎年3冊の刊行が楽しみで仕様がなかった。最後はさほど劇的でもなく無難に終わったが、佐伯氏には感謝の一言である。去年は「伊那衆異聞」も終わったし、徐々に他のシリーズも完結して行くのだろう。


Amazonアソシエイト by 旅立ノ朝-居眠り磐音江戸双紙(51) (双葉文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント