12月に読んだ本

12月に読んだ本

藤原緋沙子『雁の宿 隅田川御用帳1』(光文社文庫)★★★★★
藤原緋沙子『花の闇 隅田川御用帳2』(光文社文庫)★★★★★
藤原緋沙子『蛍籠 隅田川御用帳3』(光文社文庫)★★★★★

知野みさき『落ちぬ椿 上絵師 律の似面絵帖』(光文社文庫)★★★★★

佐伯泰英『小籐次青春抄 品川の騒ぎ・野鍛冶』(文春文庫)★★★★

千野隆司『おれは一万石』(双葉文庫)★★★★
千野隆司『おれは一万石 塩の道』(双葉文庫)★★★★

谷瑞恵『異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女』(集英社オレンジ文庫)★★

梨沙『鍵屋甘味処改3 子猫の恋わずらい』(集英社オレンジ文庫)★★
梨沙『鍵屋甘味処改4 夏色子猫と和菓子乙女』(集英社オレンジ文庫)★★★
梨沙『鍵屋甘味処改5 野良猫少女の卒業』(集英社オレンジ文庫)★★★

大鐘稔彦『孤高のメス 神の手にはあらず 1』(幻冬舎文庫)★★★
大鐘稔彦『孤高のメス 神の手にはあらず 2』(幻冬舎文庫)★★★
大鐘稔彦『孤高のメス 神の手にはあらず 3』(幻冬舎文庫)★★★
大鐘稔彦『孤高のメス 神の手にはあらず 4』(幻冬舎文庫)★★★★
大鐘稔彦『孤高のメス 遥かなる峰』(幻冬舎文庫)★★★★
大鐘稔彦『孤高のメス 死の淵よりの声』(幻冬舎文庫)★★★
大鐘稔彦『孤高のメス 命ある限り』(幻冬舎文庫)★★★


Amazonアソシエイト by 落ちぬ椿: 上絵師 律の似面絵帖 (光文社時代小説文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント