3月に読んだ小説

3月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英『未決 吉原裏同心19』(光文社時代小説文庫) 佐伯泰英『髪結 吉原裏同心20』(光文社時代小説文庫) 佐伯泰英『遺文 吉原裏同心21』(光文社時代小説文庫) 浅田次郎『椿山課長の七日間』(集英社文庫) 辻堂魁『介錯人別所龍玄始末』(宝島社文庫) 小杉健治『般若同心と変化小僧…
コメント:0

続きを読むread more

石崎博志『琉球語史研究』

 石崎博志『琉球語史研究』(好文出版、2015年3月15日発行)。著者より恵与に与る。  本書の重点は琉球語の音韻史にあるが、その特徴は過去500年余の対音資料をこれまでの研究よりも慎重に取捨選択した点にある。琉球語の発音を音訳漢字で示した『中山伝信録』(1721年刊)の「琉語」では、収録語彙全てを扱うのではなく、先行資料の訂正項…
コメント:0

続きを読むread more

『パスパ字漢語資料集覧』復刻版

 中村雅之主編『パスパ字漢語資料集覧』(愛知:古代文字資料館、2014年12月20日発行)。内容は、  「パスパ字字形対照表(百家姓・碑文)」(資料作成:洲崎寿光)  「パスパ字字形対照表(宣勅)」(資料作成:得能圭子)  「蒙古字韻・蒙古韻略対照表」(資料作成:谷川由香里)  「蒙古字韻・五音集韻対照表」(資料作成:五十嵐真弓…
コメント:0

続きを読むread more

大山潔訳注『【戯曲】駱駝祥子』

 大山潔訳注『【戯曲】駱駝祥子』(東方書店、2015年3月10日)。大山氏より恵送を賜る。  「駱駝祥子」は言わずと知れた老舎の名作。本書は梅阡氏による舞台用脚本の訳注である。本書の特徴は何と言っても、北京語の音声をとことん追求している点にある。中国語本文には全てピンインが付されているが、実際の発音にそった綴りになっている。そのため「…
コメント:0

続きを読むread more

2月に読んだ小説

2月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英『願かけ 新・酔いどれ小籐次2』 (文春文庫) 佐伯泰英『流離 吉原裏同心1』(光文社時代小説文庫) 佐伯泰英『足抜 吉原裏同心2』(光文社時代小説文庫) 佐伯泰英『見番 吉原裏同心3』(光文社時代小説文庫) 佐伯泰英『清搔 吉原裏同心4』(光文社時代小説文庫) …
コメント:0

続きを読むread more

1月に読んだ小説

1月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英『白鶴ノ紅 居眠り磐音江戸双紙48』(双葉文庫) 佐伯泰英『血に非ず 新・古着屋総兵衛1』(新潮文庫) 池井戸潤『銀行総務特命』(講談社文庫) 東野圭吾『マスカレード・ホテル』(集英社文庫) 東野圭吾『マスカレード・イブ』(集英社文庫) 東野圭吾『パラドックス13』(講談…
コメント:0

続きを読むread more

12月に読んだ小説

12月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英『弓張ノ月 居眠り磐音江戸双紙46』(双葉文庫)[四読] 佐伯泰英『失意ノ方 居眠り磐音江戸双紙47』(双葉文庫) 池井戸潤『オレたちバブル入行組』(文春文庫) 池井戸潤『不祥事』(講談社文庫) 失意ノ方-居眠り磐音江戸双紙(47) (双葉文庫)双葉社 2014-12-1…
コメント:0

続きを読むread more

11月に読んだ小説

11月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英『冬日淡々 酔いどれ小籐次留書14』(幻冬舎時代小説文庫)[四読] 佐伯泰英『新春歌会 酔いどれ小籐次留書15』(幻冬舎時代小説文庫)[五読] 佐伯泰英『旧主再会 酔いどれ小籐次留書16』(幻冬舎時代小説文庫)[五読] 佐伯泰英『祝言日和 酔いどれ小籐次留書17』(幻冬舎時代小説文…
コメント:0

続きを読むread more

10月に読んだ小説

10月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英『尾張ノ夏 居眠り磐音江戸双紙34』(双葉文庫)[六読] 佐伯泰英『姥捨ノ郷 居眠り磐音江戸双紙35』(双葉文庫)[六読] 佐伯泰英『紀伊ノ変 居眠り磐音江戸双紙36』(双葉文庫)[六読] 佐伯泰英『一矢ノ秋 居眠り磐音江戸双紙37』(双葉文庫)[六読] 佐伯泰英『東雲ノ空 居眠…
コメント:0

続きを読むread more

9月に読んだ本

9月に通勤電車の中で読んだ小説。 吉田雄亮『留守居役日々暦』 (角川文庫) 佐伯泰英『暗殺 交代寄合伊那衆異聞21』(講談社文庫) 佐伯泰英『狐火ノ杜 居眠り磐音江戸双紙7』(双葉文庫)[六読] 佐伯泰英『朔風ノ岸 居眠り磐音江戸双紙8』(双葉文庫)[六読] 佐伯泰英『遠霞ノ峠 居眠り磐音江戸双紙9』(双葉文庫)…
コメント:0

続きを読むread more

むかし壊れたパソコンのデータ取り出し

 壊れたパソコンを昔は無造作に捨てていたが、パソコンが家電リサイクル法の対象になって以来、何となく押入れに押し込んだままにしていた。過去10年間に壊れたノートパソコンは3台、初期の2台はデータのバックアップを取っていなかったため、悔しい思いをした。長年あきらめていたが、最近、グリーンハウス社製「内臓IDEドライブとSATAのHDDをUS…
コメント:0

続きを読むread more

8月に読んだ本

8月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英『神隠し 新・酔いどれ小籐次1』 (文春文庫) 高田郁『天の梯 みをつくし料理帖10 』(ハルキ文庫) 佐伯泰英『弓張ノ月 居眠り磐音江戸双紙46』(双葉文庫)[再読] 佐伯泰英『陽炎ノ辻 居眠り磐音江戸双紙1』(双葉文庫)[六読] 佐伯泰英『寒雷ノ坂 居眠り磐音江戸…
コメント:0

続きを読むread more

サイモン・シン著『フェルマーの最終定理』

 サイモン・シン[著]、青木薫[訳]『フェルマーの最終定理』(新潮文庫、2006年、853円)。以前から読みたいと思っていたが、この夏、本屋に並んだ「新潮文庫の100冊」の中に含まれていたので、ついつい立ち読みし始めたら止められなくなり、購入。サイモン・シンはこの書で、三百年以上もの間、数学者たちを虜にしてきたフェルマーの最終定理が20…
コメント:0

続きを読むread more

7月に読んだ小説

7月に通勤電車の中で読んだ小説。 米澤穂信『春季限定いちごタルト事件』(創元推理文庫)[再読] 米澤穂信『夏季限定トロピカルパフェ事件』(創元推理文庫)[再読] 米澤穂信『秋季限定栗きんとん事件 上』(創元推理文庫)[再読] 米澤穂信『秋季限定栗きんとん事件 下』(創元推理文庫)[再読] 米澤穂信『氷菓』(角川文庫)[再読…
コメント:0

続きを読むread more

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

パソコンにUSB接続するスピーカー。2000円台で買えるにもかかわらず、音はかなり良い。音楽にも語学にも文句なし。Amazonのカスタマーレビューで高評価だったので購入したが、期待通り。毎日価格が変わるので、焦らないのが賢い買い方。 LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BWロジクール 2011-06-24 Amazonア…
コメント:0

続きを読むread more

6月に読んだ小説

6月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英「居眠り磐音江戸双紙」32-45(双葉文庫)[五読] 松岡圭祐『万能鑑定士Qの探偵譚』(角川文庫) 赤川次郎『鼠、狸囃子に踊る』(角川文庫) 万能鑑定士Qの探偵譚 (角川文庫)角川書店 2013-11-22 松岡 圭祐 Amazonアソシエイト by
コメント:0

続きを読むread more

5月に読んだ小説

5月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英「居眠り磐音江戸双紙」9-31(双葉文庫)[五読] 佐伯泰英『後見の月 鎌倉河岸捕物控24』(ハルキ文庫) 後見の月―鎌倉河岸捕物控24の巻 (ハルキ文庫 き 8-44 時代小説文庫 鎌倉河岸捕物控 24の巻)角川春樹事務所 2014-04-26 佐伯 泰英 Amazonアソシ…
コメント:0

続きを読むread more

蒙文孝経の影印本

 栗林均編『孝経--モンゴル語古訳本--』(東北アジア研究センター報告第12号、仙台:東北大学東北アジア研究センター、2014年1月30日発行)。  元代のモンゴル語訳『孝経』の影印、ローマ字転写、単語索引ならびに語尾索引である。いわゆる先古典期モンゴル文語の重要資料であり、「蒙文孝経」の名でも有名なこの資料は de Rachewil…
コメント:0

続きを読むread more

MDをどうしよう

 先日、10年以上使っていた小型の「CDMDラジオ」が壊れた。MDを入れても空しく「error」の表示が出るだけ。果たしてMDを聴ける機械はまだ買えるのだろうかとネットで調べたところ、当然すでに生産終了で、中古のみの販売。中古に1万5千円から2万円も出すのは嫌だが、今購入しておかないと本当に手に入らなくなる可能性もある。  NHK…
コメント:0

続きを読むread more

NHK語学講座4月号テキストの93円セール

 いまAmazonではNHK語学講座の4月号テキスト(Kindle版)の93円セールをやっている。NHKテキストのデジタル版ははっきり言って評判が悪い。文字テキストが電子化されているのではなく、テキストを画像として取り込んでいるだけなので、検索はできないし、文字の拡大もできない。Kindleで見ると小さくて見にくい。画像だから拡大は可能…
コメント:0

続きを読むread more

4月に読んだ小説

4月に通勤電車の中で読んだ小説 佐伯泰英「密命」11-26(祥伝社文庫)[三読] 佐伯泰英『開港 交代寄合伊那衆異聞(20)』(講談社文庫) 佐伯泰英「居眠り磐音江戸双紙」1-8(双葉文庫)[五読] 特別セールで購入したKindle本が溜まっているが、また「居眠り磐音」を読みだしたので、今月は読めそうにな…
コメント:0

続きを読むread more

NHKラジオ「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」

毎年4月は外国語への意欲を新たにする時。NHK語学講座のうち、新番組「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」を聴いてみた。すばらしい!こんな講座を待ってました。月曜から金曜まで一日5分だけの放送だが、満足感は十分。月曜はショート・ストーリー、火曜日は世界の偉人伝など曜日ごとに異なる内容が易しい英語で流れる。最初はただの朗読かと思い、あま…
コメント:0

続きを読むread more

3月に読んだ小説

3月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英「酔いどれ小籐次留書」2-9(幻冬舎時代小説文庫)[再読] 佐伯泰英「密命」1-10(祥伝社文庫)[三読] 毎年3月は節約の月なので新本が買えない。 密命〈巻之一〉見参!寒月霞斬り (祥伝社文庫)祥伝社 佐伯 泰英 Amazonアソシエイト by
コメント:0

続きを読むread more

2月に読んだ小説

2月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英「酔いどれ小籐次留書」10-14(幻冬舎時代小説文庫)[再読] 佐伯泰英「酔いどれ小籐次留書」15-19(幻冬舎時代小説文庫)[三読] 風野真知雄『恋は愚かと(姫は、三十一 2)』(角川文庫) 風野真知雄『君微笑めば(姫は、三十一 3)』(角川文庫) 赤川次郎『…
コメント:0

続きを読むread more

1月に読んだ本

通勤電車の中で1月に読んだ小説。  風野真知雄『女だてら 麻布わけあり酒場』3-10( 幻冬舎時代小説文庫)  赤川次郎『鼠、江戸を疾る』(角川文庫)  赤川次郎『鼠、闇に跳ぶ』(角川文庫)  佐伯泰英『空蝉ノ念 居眠り磐根江戸双紙45』(双葉文庫)  上田秀人『思惑 百万石の留守居役2』(講談社文庫) …
コメント:0

続きを読むread more

12月に読んだ小説

12月に通勤電車の中で読んだ小説 風野真知雄「妻は、くノ一」2-10(角川文庫) 風野真知雄「妻は、くノ一 蛇之巻」1-3(角川文庫) 風野真知雄『姫は、三十一』(角川文庫) 風野真知雄『女だてら 麻布わけあり酒場』1-2( 幻冬舎時代小説文庫) 上田秀人『思惑 百万石の留守居役2』(講談社文庫) …
コメント:0

続きを読むread more

11月に読んだ小説

11月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英『死闘 古着屋総兵衛影始末1』(新潮文庫) 大沼紀子『真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫』(ポプラ文庫) 佐伯泰英『うぶすな参り 鎌倉河岸捕物控23』(ハルキ文庫) 上田秀人『波乱 百万石の留守居役1』(講談社文庫) 松岡圭祐『万能鑑定士Qの推理劇4』(角川文庫…
コメント:0

続きを読むread more

10月に読んだ小説

10月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英「居眠り磐根江戸双紙」24-43(双葉文庫)[四読] 米澤穂信『ふたりの距離の概算』(角川文庫) 葉室麟『柚子の花咲く』(朝日文庫) 柚子の花咲く (朝日文庫)朝日新聞出版 2013-10-08 葉室 麟 Amazonアソシエイト by
コメント:0

続きを読むread more

9月に読んだ小説

9月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英『茶葉(交代寄合伊那衆異聞19)』(講談社文庫) 佐伯泰英「居眠り磐根江戸双紙」1-23(双葉文庫)[四読] ふと気づくと、「居眠り磐根」にもどっている。何度読んでも飽きない。 徒然ノ冬-居眠り磐音江戸双紙(43) (双葉文庫)双葉社 2013-06-13 佐…
コメント:0

続きを読むread more

8月に読んだ小説

8月に通勤電車の中で読んだ小説。 佐伯泰英「交代寄合伊那衆異聞」10-18(講談社文庫) 米澤穂信『遠まわりする雛』(角川文庫) 佐伯泰英「酔いどれ小籐次留書」15-19(幻冬舎時代小説文庫)[再読] 佐伯泰英「交代寄合伊那衆異聞」1-18(講談社文庫)[再読] 「交代寄合」シリーズは最高。幕末をテ…
コメント:0

続きを読むread more