テーマ:英語

NHK語学講座4月号テキストの93円セール

 いまAmazonではNHK語学講座の4月号テキスト(Kindle版)の93円セールをやっている。NHKテキストのデジタル版ははっきり言って評判が悪い。文字テキストが電子化されているのではなく、テキストを画像として取り込んでいるだけなので、検索はできないし、文字の拡大もできない。Kindleで見ると小さくて見にくい。画像だから拡大は可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKラジオ「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」

毎年4月は外国語への意欲を新たにする時。NHK語学講座のうち、新番組「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」を聴いてみた。すばらしい!こんな講座を待ってました。月曜から金曜まで一日5分だけの放送だが、満足感は十分。月曜はショート・ストーリー、火曜日は世界の偉人伝など曜日ごとに異なる内容が易しい英語で流れる。最初はただの朗読かと思い、あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジョン万次郎の英会話 』

乾隆著『ジョン万次郎の英会話 』(Jリサーチ出版、2010年2月2日発行)。書店で立ち読み、というか熟読してしまった。本書には「英米対話捷径 復刻版・現代版」と副題が付されている通り、ジョン万次郎こと中浜万次郎の手になる英会話教本『英米対話捷径』(1859年)の写真版とそれを現代風に見やすく翻刻した部分からなる。さらに巻頭には万次郎の生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『英語教師 夏目漱石』

川島幸希著『英語教師 夏目漱石』(新潮選書、2000年4月25日発行)。8年前に購入した本だが、通勤電車の中で読み返してみた。漱石と英語の関わりを知るには絶好の書であることを再確認。興味深いのは、漱石が英語教師の道を歩み始めた明治20年代において、すでに漱石や新渡戸稲造らが英語を学んだ頃に比べて、生徒の英語の実力が格段に低下していたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『英文の読み方』

行方昭夫『英文の読み方』(岩波新書、2007年5月22日発行)。最近はやりのペラペラ英会話とは正反対の方向を目指す、正統的(?)英文講読指南の書。受験生風に英文和訳をするとどうなるか、そして文脈を考慮に入れて深いところまで読むとどう訳せるか、さらには原著者の文体を考慮に入れると……という風に、最終的には翻訳指南までしてしまう。江戸後期の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK新3か月トピック英会話「英単語ネットワーク~めざせ10000語!」

NHK教育テレビで今月から始まった新シリーズ。放送は木曜午後11:10~11:30(再放送:水曜午前6:40~7:00/午後0:10~0:30 )。第1回を見てみたが、非常に面白い。日本語は一切なく、英語のみ。シット・コム仕立てのドラマが中心だが、その内容をニュース形式で説明したり、進行役のGary Scott Fineがくわしい解説を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ビジネス英会話」音声販売の怪

今年度からNHKラジオ「ビジネス英会話」のデジタルテキストの販売と音声販売が始まっている。しかし、ほとんど売れないのではないかと思う。デジタルテキストのダウンロード価格は300円。通常のテキストの価格350円とほとんど変わらない上、読み物等は含まれない。さらに不思議なのは音声の販売だ。iTune用などがネット上でダウンロードできるが、価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『English Journal』

アルクの英語学習月刊誌『English Journal』が4月号から、CD綴じ込み版としてリニューアルした。これまではCD別売で、しかもCDだけで1890円もした。本体も合わせると2600円を超えるという、月刊誌としては異常な価格設定だった。4月号からは、CD綴じ込みで1470円になった。この雑誌は著名人のインタビューや演説、さらにニュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『高慢と偏見』

NHKラジオ第二放送「原書で読む世界の名作」で、今日からジェイン・オースティン作『高慢と偏見』(Jane Austen: Pride and Prejudice)が始まった(木曜21:30~22:00、再放送金曜11:00~11:30)。何と全35回だという。8ヶ月におよぶ放送というのは、ちょっと珍しい。個人的には19世紀イギリス文学に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『高校英語を5日間でやり直す本』

小池直己・佐藤誠司著『高校英語を5日間でやり直す本』(PHP文庫、2006年9月19日発行、571円)。この手のタイトルの本は退屈なものが多いが、本書はなかなか楽しくて役に立つ。100項目のポイントを20項目ずつ5日間でこなす、というコンセプトだが、もちろん何日でやろうとかまわない。最初の項目は「There構文」だが、挙げられている例文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Holy Bible 1611 Edition

The Holy Bible 1611 Edition, Hendrickson Publishers, 2005 2nd printing. アマゾンにて購入。税込み3095円。言わずと知れた欽定訳聖書。King James Version とか Authorized Version と称されるものであるが、そのようなタイトルに安心し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

多聴多読マガジン 創刊号

『多聴多読マガジン 』創刊号(コスモピア、季刊、1380円)。新しい英語雑誌が出たので、立ち読みしてみた。私自身も一時期夢中になった英語100万語多読のコンセプトと、音声教材を合体させた雑誌である。Graded Readers(語彙レベルを段階的に調整した英語学習者用の薄いペーパーバック。英国の複数の出版社から出ている)のサンプルが数ペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Sky Is Falling

Sidney Sheldon, The Sky Is Falling, Warner Books, 2001. シドニー・シェルダンの小説は軽すぎるとか中身がないなどと、何かと不評で、実際その通りなのだが、英語学習者にとってはなかなか貴重な作家である。とにかく読みやすい。英語多読愛好者の間で、この本が最初に挑戦すべきペーパー・バックの一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古英語の初歩

夏は何かに挑戦する季節、ということで、古英語に取り組んでみた。使用している参考書は次の2冊。■市河三喜・松浪有著『古英語・中英語初歩』(研究社、1986)■近藤健二・藤原保明著『古英語の初歩』(英潮社、1993)いずれも一長一短というか、帯に短し襷に長しというか…。例えば、前者の読本の部の最初にあげられているのはマタイの福音書の一節であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK英会話上級

今月から始まった遠山顕氏担当のNHKラジオ「英会話上級」を聞いている。「上級」という看板はダテではない。とにかく英語のスピードが速いのである。しかし、ダラダラした英語講座にうんざりしている人にはお勧め。毎月、前半の2週間は会話、後半にはニュースやお笑い、懐メロなど、盛りだくさんで、毎回、早口の英語が楽しめる。それにしても、マシンガンのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo Wonderland

Kay Hetherly著『Tokyo Wonderland』(NHK出版、2006年1月25日発行、750円)。ケイ・ヘザリの英文エッセー。NHKラジオ英会話レッツスピークのテキストに連載しているエッセーをまとめたもので、シリーズ3作目。平易な文章なのに、飽きさせず、どんどん読み進みたくなる。こんな文章で日記が書けたら楽しいだろうなと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kay & Jeff

『NHKラジオ英会話レッツスピーク』2月号のテキストに、特別企画としてケイ・ヘザリ(Kay Hetherly)とジェフリー・クラーク(Jeffrey Clark)の対談が載っていた。ラジオ英語講座のファンならおなじみの2人だ。大杉正明氏がラジオ英会話を担当していた頃、時期は異なるが2人ともゲストとして出演していた。ジェフの方はマーシャ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Painted Labyrinth』

Michelle P. Brown (2004), Painted Labyrinth --The World of the Lindisfarne Gospels, revised edition, London:The British Library. 最近「リンディスファーン福音書」に興味を持ちだした。聖書のラテン語本文の行間に古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『英語史入門』

橋本功『英語史入門』(慶應義塾大学出版会、2005.9.10発行、2400円)。こんな本を待っていた。他の英語史の本では消化不良になっていたような事柄が丁寧に説明されている。例えば、アルファベットの字形についての説明も詳しく、1611年の『欽定訳聖書』に用いられたアルファベットの字形表が載っていたり、『欽定訳聖書』やシェイクスピアの墓石…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『英語ライティングルールブック』

デイヴィッド・セイン著『英語ライティングルールブック』(DHC、2004.4.27初版、2005.2.19第9刷、1600円)。この手の本は、つまらない句読法や略号の説明に終始することが多いが、本書は何よりも文法を重視している点が類書と異なる。全体は「文法編」「語法編」「句読法編」「アメリカ英語とイギリス英語」からなる。 文法編では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ:Ally McBeal

「アリーMyLove」という邦題でNHKでも放送されたアメリカの人気ドラマ。第3シリーズまではDVDも持っていたが、第4~5シリーズは今回友人から借りて初めて通して観た。第3シリーズの途中でビリーが死んでから、しばらく続きを見る気がしなかったのだが、第4シリーズはかなり面白かった。特にジョンの恋人役に扮したアン・ヘッシュは最高で、映画「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Pygmalion』

『Pygmalion』に見る英語階級方言1.コクニー方言 バーナード・ショー(George Bernard Shaw)の戯曲『Pygmalion』には英語の階級方言の特徴が直接的かつ効果的に描かれている。ロンドン東部の労働者階級の言語(いわゆるコクニー方言)を話すイライザが、音声学者であるヒギンズ教授の指導により上流階級の話すような英語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センター試験の英語リスニング

来年度の大学入試センター試験から30分間の英語リスニングが課せられる。書店にも対策用のCD教材が増えてきた。個人的な興味から1冊購入し、2004年9月に実際に行われた試行テスト問題をやってみた。4つのパートに分かれ、全25題。レベルとしては最初の3パートが英検準2級程度、最終パートが2級程度というところ。高校生でも英検2級を取る人は珍し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOEICテストが変わる

すでに公式ホームページ等で明らかにされているように、TOEICテストの出題形式が2006年の5月から大幅に変更される。最も大きな変更点はリスニングのナレーションに、アメリカだけでなく英国、カナダ、オーストラリアの英語も加わることだろう。それぞれ25%ずつになるという。より国際的な英語を、との要求に応えるものだが、受験者も多様な英語に慣れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『HOLES』

Louis Sachar, HOLES, Random House, 2000. 噂に違わぬ傑作。読みやすさ、ストーリー展開、キャラクター設定など、どの部分もすばらしい。多読愛好者たちの間で好評を博しているのもうなずける。映画化もされたが、個人的にはキャラクター設定がかなり原作と異なるという印象を受けた。ただし、広大な土地での‘穴掘り’…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『1日1分英単語』

片岡文子著『1日1分英単語』(祥伝社黄金文庫、2005.6.20発行、667円)。メルマガからの書籍化。英単語の本は文字通り無数にあり、私もこれまでに相当数を購入しているが、当たりはずれが大きい。英語学習の目的によってふさわしい本は異なるし、個人の好みもある。本書『1日1分英単語』は一般向きであって、大学受験などには向かない。また、初級…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ENGLISH SYNTAX --An Introduction』

Andrew Radford, ENGLISH SYNTAX --An Introduction, Cambridge UP, 2004. 生成文法の概説書。400頁近い分量だが、説明は非常に分かりやすい。個人的には生成文法の概念には賛成できない部分もあるのだが、読み始めると知的な興奮を誘う部分もあり、著者の力量をうかがわせる。Engl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ:TRU CALLING

話題のアメリカドラマ TRU CALLING をレンタルDVDで観てみた。ストーリー展開はまずまず、英語も俗語が少なく、比較的聞き取りやすい。それにしても、アメリカは次から次といろいろなドラマが出てくる。死体安置所が舞台のドラマなんて……。 トゥルー・コーリング DVDコレクターズ・ボックス1トゥルー・コーリング DVDコレクターズ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more