テーマ:アラビア語

『A Dictionary of Modern Written Arabic』

Hans Wehr, A Dictionary of Modern Written Arabic, Otto Harrassowitz KG, 1994, 4th edition. 最もよく使われているアラビア語・英語辞典。見出し語と用例の多くにローマ字転写が施されているのが便利。日本で出ているアラビア語・日本語辞典には、おそらくローマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラシード・ウッディーン?

『集史』という名で知られる書がある。14世紀初にイル・ハン朝の宰相ラシード・ウッディーンによって書かれた、モンゴル史を中心とした世界史である。ラシードはユダヤ人の家に生まれたが、後にイスラムに改宗し、彼の進言によってイル・ハン朝もイスラム教を国教とするようになる。 問題は「ラシード・ウッディーン」という読みである。ユダヤの家庭に生まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『はじめてのアラビア語』

宮本雅行『はじめてのアラビア語』(講談社現代新書、2003.4.20発行、700円)。必要に迫られてアラビア語を読むことになった。どの参考書を見ても隔靴掻痒の感あり。期待せずに入手した本書が最もすぐれていた。特に新聞の見出し(母音記号なし)を実際に辞書を引く手順を示しながら、どのように読むかが丁寧に説明してあるのはありがたい。またいくつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more